1. TOP
  2. 中村龍斗

大学4年間をサークルで
遊んで終わらせたくなかった

三田実に入った理由は、高3のときに部の謝恩会で流す動画を作成して、動画編集に興味を持ったからです。動画編集だけでなく、三田実の業務をこなす上で社会へ出るときに自分の武器になるものを得ることができると思いました。
また、大学4年間をサークルで遊んで終わらせたくなかったんです。卒業時に、自分は大学でこれをした、と胸を張って言いたかったので三田実を選びました。

自身のスキルを増やすことが
できるのが広報宣伝局

広報宣伝局に入局したのは、動画編集に興味があったのと、カメラやデザインソフトなど、自身のスキルを増やすことができるのが広報宣伝局だと思ったからです。
また、比較的自由に企画を打てるのも魅力的でした。

4年間、
1つの目標に打ち込む。

三田実にどんな魅力を感じるかは人それぞれだと思いますが、僕が思う三田実の魅力は、4年間1つの目標に打ち込めること、同じメンバーで業務をこなすため、かけがえのない仲間ができることだと思っています。
1年生で一番思い出に残っていることは、業務面でいえば1年装飾です。三田祭前になると、空いている日は毎日三田キャンパスで作業を行います。とても大変ではありましたが、完成したときの達成感は忘れられません。

両立で得られる充実感

僕はshamgodというフリースタイルバスケットサークルと兼サーしています。忙しい時期が被るとかなり大変ですが、その分充実感も得られます!三田実のみに所属するのも楽しいですが、コミュニティを増やす意味では兼サーするのをおススメします!
shamgodでも新入生を募集しています、もし興味があれば是非お越しください!笑

他のインタビューを見る

  • 高橋英礼奈
    本部企画局2年
  • 藤ノ木美尋
    一般企画局2年
  • 菊地千裕
    渉外局2年