1. TOP
  2. 藤ノ木美尋

高3の時に三田祭で見た、
三田実の赤法被に憧れました。

三田実に入った理由は、高3の時に第58回三田祭に遊びに行って、そこで見た赤法被に憧れたからです!高校時代は文実とかをやっていたわけじゃないけど、そういう学校行事みたいのが好きで、大学では学園祭くらいしか行事が無くなってしまうからそれに関われる四年間はいいなーと思いました。
でも1番の動機は、中庭の三田実の先輩方のインカム(無線機)姿がかっこよくて、三田実に入ってインカムつけたかったから、です(笑)

三田実の魅力は、
とにかくやりがいがあること!

三田実の魅力は、とにかくやりがいがあることです!!三田実に入って、無意味だなと感じることや、なぜ自分がやるんだろう、と思うこともたくさんあるけど、間違いなくやりがいは感じられると思います!
まだ一年しか経験してませんが、三田祭当日の来場者や団体さんの活き活きとした様子を見た時や、同じ三田実のみんなが各々活躍している姿をみると三田実に入れてよかったと感じます。やりがいは当日を経験しないと得られないものでした!

運営面からサポートのできる、
一般企画局。

一般企画局に入局した理由は、三田実に入った理由と被るんですけど、インカムに憧れてたので三田実に入った時から一般企画局に入りたいと思ってました。
ですが、本祭でいろんな団体さんが輝いている姿を見て団体さんのサポートがしたいと思うようになりました。なので、直接の団体対応が多く、運営面からサポートのできる一般企画局を志望しました。

新入生へメッセージ

やるときはやる、遊ぶときは思いっきり遊ぶ、メリハリのある人に入って欲しいです!
三田実は仲がいいので遊ぶこともたくさんありますが、もちろんメインは三田祭に向けた業務です。業務といっても大きな華やかなこともある一方、もちろん地味な作業もあります。
なのできちんとやるときは仕事に打ち込めるようなメリハリがある人が入ってくれたらきっと活躍できると思います!ぜひお待ちしてます。

他のインタビューを見る

  • 高橋英礼奈
    本部企画局2年
  • 中村龍斗
    広報宣伝局2年
  • 菊地千裕
    渉外局2年