dance crew es

慶應のトップダンスサークルであるesは、ショーケースのクオリティの高さが評判。今年度は「全力」をモットーに、コロナ禍で様々な制限がある中でも、常に全力で真摯にダンスと向き合い、自己研鑽を怠らない。後夜祭ではRevolve、DancingCrewJADEと共にハイレベルなコラボパフォーマンスを披露する。


代表:浅岡優斗(写真左)
後夜祭担当:円山譲治(写真右)



“-est”その名の通り「最上級」のクオリティーを


ー 初めに、現在の練習状況や近況を教えてください。

浅岡:最近は対面の練習ができるようになったのでめちゃくちゃ充実していて、コロナ禍以前の活動と比べても、特に三田祭期間は例年通り練習できている感じですね。

ー 去年はどんな感じでしたか?

円山:去年はオンラインでの練習の他にも、オンラインのイベントにはできるだけ参加するなどしていたんですけど、今年は去年できなかった対面の練習ができるようになったので、やっぱりすごく大きいなと思います。

ー 次の質問です。esさんが思う三田祭と他のショーケースの違いを教えて下さい。

円山:esはもともと三田祭が集大成の場だと言われていて、四年生が一番気持ちを込めて練習するイベントです。“-est”その名の通り「最上級」という意味の公演名を掲げており、4年生から1年生までの全員が全力で三田祭を迎えます。また中庭の照明がとても良かったり、アットホームな空間だったりして、OBOGなど沢山の方が見にきて下さるので、他のイベントよりも思い入れが深く、全力を注いでいるのかなと思います。

ー 次に、後夜祭とはどういう存在ですか?

浅岡:今までずっと後輩として後夜祭を見ていて、上手い先輩たちが出ているのを見ていたので、夕方のすごく良い景色と相まって、「凄いなあ」「遂に最後なんだなあ」という感情になっていました。



ー 一度後夜祭に出演経験のある円山さんは、どのようなイメージをお持ちですか?

円山:普段は他のダンサーと絡める機会が少ないし、特に去年はコロナ禍ということもあって全然絡めなかったので、すごく貴重な機会です。いつもと違うメンバーで出れることには、なんというか「レペゼン慶應感」「レペゼン日吉感」みたいなものがすごくあって、居心地が良いです。あとは、意外とプレッシャーもありますね(笑)

ー 他のダンサーさんとの関係はあったりしますか?

円山:そうですね、esとRevolveの後夜祭担当の2人とは一年生の時から知っていて、徐々に絡む機会は減ってしまっていたんですけど、やっぱり楽しい、一緒にやりやすい、という部分はありますね。

ー JADEやRevolveと比べて、esの魅力だなって思うところはありますか?

浅岡:熱意を持った時に、全員が一つの方向を向いているところが魅力だと思います。例えば、練習態度に厳しいとかもそうなんですけど、わちゃわちゃして楽しいというより、一生懸命努力して、全力で頑張った末の達成感を味わえるというところが良いなって思っています。



ー 今の質問に関連して、ダンスにおけるこだわりはありますか?

円山:Revolveはバトル、JADEは公演を作ることが得意だと言われているんですが、僕らはショーケース作ることが得意だとよく言われるので、そこはプライドを持って一つの作品のクオリティーを最大限求めたいなと常に思っています。

ー 最後の質問になりますが、三田祭に向けての意気込みと、後夜祭に向けての意気込みをお願いいたします。

浅岡:はい。毎年三田祭が一年の中で一番大きいイベントではあるんですけど、特に今年は今までの三田祭の中でも一番を目指そうということでやっているので、相当気合が入っています。

円山:後夜祭に関しては、あの大きいステージでやれるのが2年ぶりなので、2年ぶりの対面の三田祭が綺麗に終われるように、しっかり責任を果たして頑張りたいなという風に思います。

ー ありがとうございました!